【AutoHotkey】インストールと基本的な書き方

アイキャッチ画像 AutoHotkey

どーもヤマジです。

突然ですが、ショートカットキー使ってますか?有名どころではCtrl+CとCtrl+Vのコピペのやつとかですかね。

普通は右クリックして、メニューを開いて、それから上から〇番目の項目をクリックして・・・みたいな作業もショートカットキーを使えば、文字通り近道して一瞬で完了してしまいます。

ただ、たくさんあるショートカットキーを片っ端から暗記するのは正直ダリィですよね。しかし、もしショートカットキーが自分の好きなように組めるとしたら・・・?

また、キーボードのキーの配置にイラっときたことありませんか?半角/全角キーの位置なんかは、キーボードの端っこにあるから、いちいち指を伸ばすのが正直億劫で、ザケンナコノヤローです。小指の直ぐ隣にあったらもっと便利ですよね。

今回の記事では、そんなオリジナルのショートカットキー作成やキーの割り当て変更が簡単にできてしまう「AutoHotkey」のインストール方法と基本的な使い方をご紹介します。是非、活用して快適で効率的なPCライフを手にしましょうや。

ダウンロード&インストール

これをやらにゃ何も始まりませんね。とはいえ、ダウンロードからインストールまで5分とかかりませんので、ご安心ください。


STEP.1
公式サイトでAutoHotkeyをダウンロード
まずこちらのサイトに行き、[Download]>[Download Current Version]をクリックしてAutoHotkeyのインストーラをダウンロードします。

AHK download1

AHK download2

STEP.2
AutoHotkeyのインストールを開始
「AutoHotkey_〇.〇.〇〇.〇〇_setup.exe」という実行ファイルのダウンロードが完了したら、ダブルクリックしてインストールを開始します。通常、「AutoHotkey_〇.〇.〇〇.〇〇_setup.exe」はダウンロードフォルダにダウンロードされています。

AHK doubleclick on installer

STEP.3
Express Installationを選択
インストール画面が表示されたら、[Express Installation]を選びます。

AHK EI click

STEP.4
インストールできたらExit
インストールはあっという間に終わり、以下のような画面が表示されますので、[Exit]を押します。ここまで合計で5分とかからないと思います。

AHK Exit click

インストール完了
これでお使いのパソコンでAutoHotkeyが使用できる状態になりました。

ホットキー/ショートカットキーを自作する

ahkファイルを作成・編集する

自分オリジナルのホットキー/ショートカットキーを作るために、まずは下準備です。以下の手順で、オリジナルのキーコードを書く土台となるahkファイル(AutoHotkeyスクリプトファイル)を作成し、それからahkファイルの編集画面を開きましょう。


STEP.1
ahkファイルを作成
まず適当なフォルダで[右クリック]>[新規作成]>[AutoHotkey Script]を選択してAutohotkey用のスクリプトファイル(ahkファイル)を作成します。

AHK ahk create script

MEMO
デスクトップなどにAutoHotkeyというフォルダを予め作っておいて、そこにahkファイルを作成すると後々管理しやすくなります。
STEP.2
ahkファイルの名前を決める
作成したファイルの名前はなんでも構いません。今回の例では単に「テスト.ahk」としておきました。

ファイル名

STEP.3
ahkファイルを編集する
STEP.1で作成したahkファイルを[右クリック]>[Edit Script]で編集画面を開きます。通常は、メモ帳でファイルが開かれます。

AHK ahk script right click edit


これで自分専用のホットキー/ショートカットキーを作る下準備が整いました。ここから実際に、オリジナルのホットキー/ショートカットキーのコードを入力していきます

基本的なコードの書き方1:
キーの入れ替えなどに有効

単純なものであれば

単純なコードの基本型
入力するキー::Send, {出力するキー}

で作れます。基本的には入力するキー出力するキーを好きなものに書き換えるだけでOKです。

この書き方は、あるキーを別のキーに置き換えたい時、例えば、aを押したらbが出るみたいなのをやりたい時に使います。aとbを入れ替えようとする場合は、先ほど開いたメモ帳に以下の通りに記述します☟

aを入力したらbが出力されるコード
a::Send, {b}

まぁ、こんなホットキーは実用性皆無なので、今実際にメモ帳に書いた方は消しちゃってください。ただ書き方はこれで何となく分かったかと思います。

では次は、もう少し実用的なコードの紹介しますので、初心者の人は是非ahkファイルを開いているメモ帳にお書きください。

どんなコードかというと、あのほとんど使い道のないCapslockキーを押したら、半角/全角キーとして使えるようにするというものです。ただ、キーの表記に関してはいくつかやり方がありまして、

CapLock→半角/全角キー 書き方1
CapsLock::Send, {vkF3sc029}
CapLock→半角/全角キー 書き方2
sc03A::Send, {vkF3sc029}

どちらの書き方でも同様に動作します。「vkF3sc029」は「半角/全角キー」を表しています。

sc○○というのはスキャンコードと呼ばれるもので、私の環境ではこっちで書いた方が動作が安定するので、個人的にはCapsLockキーに関してはスキャンコードを使用した書き方2を強くお勧めします

書き方2の方で記述すると(コピペしても構いません)メモ帳は↓のような見た目になっているかと思います。

キャップスロック 半角全角

ここまでできたら[ファイル]>[上書き保存]をします(または、Ctrl+sでも上書きできます)。新しいホットキーを追加したら、この上書き保存を絶対に忘れないようにしましょう

上書き保存

MEMO
ahkファイルをメモ帳で開くと”#NoEnv ; Recommended for~”という文言が最初の方に表示されると思いますが、注意書きみたいなものなので、消してしまっても大丈夫です。

ahkファイルを実行する/
実行中ahkファイルを再編集する方法

これをしないと、せっかくこしらえたホットキーが機能しません。


ahkファイルをダブルクリックして有効化
先ほど上書きしたahkファイルをダブルクリックして、自分が編集したホットキーを有効化します。

MEMO
何も問題なく実行されれば、Windowsの画面下部にあるタスクトレイにAutoHotkeyの緑のアイコンが表示されます。AHK icon on tasktray
実行中の自作キーをを再編集したいとき
タスクトレイ内のAutoHotkeyアイコンを[右クリック]>[Edit This Script]することで、スクリプトが再びメモ帳で開かれて、編集できます。

AHK ahk edit

注意
再編集後は、[右クリック]>[Reload This Script]を押してください。これをしないと編集内容が反映されません。AHK ahk reload

基本的なコードの書き方2:
2つのキー同時押しでコマンド実行

先ほどの例では入力キーは1つだけでしたが、2つのキーを同時押ししたら実行されるホットキーを作りたい場合は、書き方は以下のようになります。

2キー同時押し入力 書き方1
入力するキー1 & 入力するキー2::Send, {出力するキー}

入力するキー1と2の間に&を入れるだけで、同時押し入力という条件付けができます。

注意
ただ、この同時押し入力の場合「入力するキー1」に使用されるキーは通常の機能が無効化されるので注意が必要です。

例えば「a」を「入力するキー1」とした場合は、「a」を押しても「a」が出力されなくなるといった感じです。キー本来の機能が死んじゃうわけですね。

入力キー1を無効化したくない場合
通常の機能を残したまま同時押し入力をしたいときは、「入力するキー1」の前にチルダ(~)を加えます。

2キー同時押し入力 書き方2
~入力するキー1 & 入力するキー2::Send, {出力するキー}

こうすることで、元の機能を残しつつ同時押し入力を行うことができます。つまり「a」を「入力キー1」にしても、「a」はいつも通り使用できる、という具合です。

こちらの☟スキャンコードリストを参考しながら、上記コードの入力キー・出力キーを書き換えることでお好みのショートカットキーを作ることができます。 アイキャッチ画像 Autohotkey スキャンコード集 【AutoHotkey】スキャンコードリスト【scコード一覧表】

Windows起動時に自作したAutoHotkeyスクリプトが自動的に実行されるようにする

せっかく自作したホットキー/ショートカットキーでもWindows起動時にいちいち.ahkファイルをダブルクリックして実行するのは面倒ですよね。

Windows起動時に一緒に実行されるようにするにはスタートアップフォルダにに自動実行させたい.ahkファイルをぶち込むだけです。ただ、後々編集したいときなどにスタートアップフォルダまで行くのは、これもまた手間なので、スタートアップフォルダには.ahkファイル本体ではなく、そのショートカットファイルを入れておくと管理がしやすいです。

では順を追ってやり方をみていきましょう。


STEP.1
ショートカットを作成する
Windows起動と同時に実行したい.ahkファイルを選択した状態で、[右クリック]>[ショートカットの作成]をして、ショートカットを作ります。

AHK create shotcut

STEP.2
スタートアップフォルダを開く
キーボードの[Windowsキー]と[R]を同時押しして「ファイル名を指定して実行」を起動させ、表示されたウインドウに「shell:startup」を入力して[ok]をクリックするとスタートアップフォルダが開かれます。

AHK show startup

STEP.3
スタートアップフォルダにショートカットを移す
手順1で作成したショートカットをたった今開いたスタートアップフォルダにドラッグ&ドロップで移します。

AHK move shortcut

STEP.4
スタートアップフォルダにショートカットがあるか確認
スタートアップフォルダにショートカットがちゃんと移動できているか確認しましょう。AHK moved shortcut

設定完了です。これで次回からWindows起動時にショートカットと紐づけされている元の.ahkファイルが自動的に実行されるようになります。

MEMO
このやり方は、AutoHotkeyだけでなく、他のプログラムでも同様に使えるので、Windows起動時に実行したいものがあればご活用ください。

また、後々やっぱり自動実行させたくないと思ったら、Step.2の手順でスタートアップフォルダを開きショートカットを削除するだけです。そして削除されるのは、ショートカットだけなので、オリジナルの.ahkファイルがなくなってしまうことはありません。

おわりに

AutoHotkeyは慣れてしまえば、簡単に好きなショートカットなどを作ることができるので、自分のPC環境に合わせてカスタマイズすれば作業効率がバク上がりします。

if文などで条件を加えるとさらに、自由度が増すのですが、これはまた別の記事で書こうと思います。

今回紹介した基本的な書き方でも、入出力するキーの名称だけ知っていれば、結構色々なことができてしまいます。

キーの名称は、AutoHotkey Wikiのキーリストや私が別の記事で書いたスキャンコードリストで参照できます。また、修飾キーを使いこなせると、より使いやすいオリジナルのショートカットキーが作れます。

ぜひ自分色に染まったショートカットキーを量産して、快適なPC作業をご堪能ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

アイキャッチ画像 Autohotkey スキャンコード集 【AutoHotkey】スキャンコードリスト【scコード一覧表】 アイキャッチ画像 修飾キー 【AutoHotkey】修飾キーの使い方と使用例 アイキャッチ画像 スクリーンショット Windows10でスクリーンショットする方法:AHKでショートカットをよりショートに アイキャッチ画像 ウムラウト エスツェット 【AutoHotkey】ドイツ語のウムラウト&エスツェットを日本語入力のまま打つ方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です