【AutoHotkey】修飾キーの使い方と使用例

アイキャッチ画像 修飾キー

どーもヤマジです。

カンタンにオリジナルのショートカットキーやキーの割り当て変更ができるツールAutoHotkeyの導入方法については以前解説しました☟
アイキャッチ画像 AutoHotkey 【AutoHotkey】インストールと基本的な書き方 もしAutoHotkeyの使い方が分からない場合は、ぜひこの記事☝をご参照ください。

自分でキーの組み合わせを考える上で、知っとくと便利なのが「修飾キー」です。

今回の記事では、「そもそも修飾キーとは何なのか?」と「その使い道」を例を交えて解説していきたいと思います。

修飾キーとは?

修飾キーとは、それ単体では機能せず、基本的に他のキーと組み合わせて使用されるキーです。

具体的には[Ctrlキー][Shiftキー][Altキー][Winキー]の4つです。

この修飾キーを使用した有名なショートカットは、[Ctrlキー]+[C]でコピー[Ctrlキー]+[V]でペースト[Shiftキー]+[アルファベットキー]で大文字入力などですね。

試しにやってみると分かりますが、修飾キーだけを押しても基本的に何も起こりません。上に挙げたショートカットキーのように、他のキーと一緒に押されることで初めて意味をもつのが、修飾キーです(*Winキーだけは、これ単体でも機能します

そしてこの修飾キーは、AutoHotkeyを介することで、本来Windowsにはない組み合わせのショートカットキーを作成することが可能です。

AutoHotkeyでの修飾キーの書き方

上述したように修飾キーは[Ctrlキー][Shiftキー][Altキー][Winキー]の4つです。

ただ、この4つのキーをAutoHotkeyで修飾キーとして使うためには、以下のように記号1つで記述します。

修飾キーAutoHotkeyでの表記
[Ctrlキー]^
[Shiftキー]+
[Altキー]!
[Winキー]#

見た目的に、最初こそ違和感を覚えるかもしれません。

しかし、例えばコントロールキーを修飾キーとして使いたいという時も、いちいち Ctrl と4文字入力せずに ^ 1つで済んでしまうので、慣れればめっちゃラクです。

それに4つしかありませんので、何回か使えばすぐに暗記できるかと思います。

修飾キーを使用したAutoHotkeyのスクリプト例

AutoHotkeyでは、修飾キーは組み合わせるもう一つのキーの前に記入します

例えば、[Ctrlキー]と[P]を同時押しするとタスクマネージャーが開かれるというスクリプトを書きたい時は

^p::Send, ^+{Escape}

という感じに記述します。

前半部分 ^p
[Ctrlキー]は修飾キーなので、[P]の前に記述されます。したがって、AutoHotkeyでは、この2つのキーの同時押しは ^p と記述されます。

後半部分 ^+{Escape}
タスクマネージャーの元々のショートカットキーは[Ctrlキー]+[Shiftキー]+[Escapeキー]なので、この部分をAutoHotkeyで記述すると ^+{Escape} となります。

一度おぼえてしまえばカンタンですし、記述も短いので見た目もスッキリして気持ちいいです。

修飾キーAltを使って左手だけで色々できるスクリプト例

今回はあまり普段使用されていないであろうAltキーをガンガン使って左手だけで使えるスクリプト集を紹介します。

このスクリプトのホットキーに慣れると、入力時のカーソル移動や文字の修正などが左手だけでできるので、いちいちマウスから右手を離してバックスペースキーやエンターキーを押しに行ったりしなくていいので、地味に作業効率がUPします。

必要なやつだけ、自分のAutoHotkeyのスクリプトに張り付けてお使いください。

またこれらはあくまで参考例なので、より自分の使い易いように修飾キーや組み合わせのキーを変更してカスタマイズしてくださいまし。

AltキーとF同時押しでBackspace
!f::Send, {BS}
AltキーとG同時押しでEnter
!g::Send, {Enter}
AltキーとE同時押しでDelete
!e::Send, {Del}

AltキーとT同時押しで上スクロール
!t::Send, {WheelUp}
AltキーとR同時押しで下スクロール
!r::Send, {WheelDown}

AltキーとQ同時押しでスクリーンショット機能ON
!q::Send, {RWin Down}{RShift Down}{s}{RShift Up}{RWin Up}
AltキーとA同時押しで←
!a::Send, {Left}
AltキーとD同時押しで→
!d::Send, {Right}
AltキーとW同時押しで↑
!w::Send, {Up}
AltキーとS同時押しで↓
!s::Send, {Down}

左右の修飾キーを別々に使いたいとき

大抵どのキーボードも修飾キーは、左右にそれぞれ2つずつ用意されています。

4つある修飾キーをそれぞれ独立した修飾キーとして使用すると、修飾キーの数が倍の8つになるので、自分でショートカットキーを作るときの自由度がさらに跳ね上がります。

書き方はただ < か > を修飾キーの前につけるだけです。

修飾キーAutoHotkeyでの表記
[左Ctrlキー]<^
[右Ctrlキー]>^
[左Shiftキー]<+
[右Shiftキー]>+
[左Altキー]<!
[右Altキー]>!
[左Winキー]<#
[右Winキー]>#

まとめ

修飾キーは使い方が分かれば、AutoHotkeyでのショートカット・ホットキーがより作りやすくなります。

修飾キーは[Ctrlキー][Shiftキー][Altキー][Winキー]の4つだけしかないので、そこまで混乱することもないかと思います。

自分の手や指の可動域に合わせて、ぜひオリジナルのキー配置をお試しください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼関連記事▼
アイキャッチ画像 Autohotkey スキャンコード集 【AutoHotkey】スキャンコードリスト【scコード一覧表】 アイキャッチ画像 AutoHotkey 【AutoHotkey】インストールと基本的な書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です