【Teams】自分の画面共有中に複数の参加者の顔を確認する方法

アイキャッチ画像 画面共有しながら相手の顔を見る方法

Teamsでは「ラージギャラリー」や「Togetherモード」という機能を使うと10人以上を同時に画面に表示させることができます。

しかし、自分のPC画面を共有したことがある人はご存じかと思いますが、画面共有時には相手の映像は一人分しか表示されなくなります

一方的に行うプレゼンなら大して問題はありませんが、参加者と頻繁にやり取りをする場合や参加者の表情などを常に把握しておきたい場合は、不便極まりません。

今回の記事では、自分の画面を共有している時でも、複数の参加者の顔を確認できる方法をご紹介します。

必要なものは

  1. 画面を共有する用のメインデバイス(PCがベスト)
  2. 参加者の顔をチェックするためのサブデバイス(PC/スマホ/タブレット)

の2点です。

イメージとしてはこんな感じ↓
メインデバイスとサブデバイス

MEMO
相手の反応を探る別のアプローチとして「ブレークアウトルーム」という機能を使う手もあります。ブレークアウトルームを使うと、ビデオ会議内に複数の「部屋」を作ることができ、この中でペアやグループごとに話し合ってもらうことが可能です。会議主催者は各部屋の様子を自由に見に行くこともできます。会議が大所帯のときでも参加者に積極的に議論してほしい場合などに非常に便利な機能です。

画面共有中に複数の参加者の顔を確認するやり方

やり方としては、いたってシンプルです。Teamsが使えるデバイスを2台用意するだけ。

基本的には、1台目のメインデバイス(基本的にPC)で見せたい資料やプレゼン画面を共有し、2台目のサブデバイス(PCかタブレットかスマホ)で相手の顔をモニタリングするという具合です。

THE力技。

ステップ1:モニタリング用の2台目デバイスにTeamsをインストールしておく

当然ですが、相手の顔をチェックする用のデバイスにもTeamsが入っていないと会議に参加できませんので、会議前にあらかじめモニタリング用のサブデバイスにもPC/スマホ用のアプリをインストールしておきます

PCアプリここから[デスクトップ版をダウンロード]をクリック
iOS: App Storeで「Microsoft Teams」を検索してダウンロード
Android: Goolge Playで「Microsoft Teams」を検索してダウンロード

ダウンロードしてインストールが完了したら、このサブデバイスで今手に入れたTeamsを起動し、メインデバイスで使っているいつものアカウントでサインインしておいてください。

MEMO
画面の大きさ的にはPCがモニタリング用に最適ですが、2台もPC持ってる人はそんなに多くはないと思うので、その場合でもタブレットかスマホで代用可能です。画面は小さくなっちゃいますけど。

私は画面サイズ4インチの第一世代iPhone SEをモニタリング用に使用したことがありますが、6人くらいまでなら、この大きさでも割と細かい顔の表情なども分かりました。

ステップ2:1台目のデバイスで画面共有をする

1台目のメインデバイス(PCがベスト)でビデオ会議を開始/に参加し、このデバイスで画面共有を行います。

デスクトップ共有方法

デスクトップ画面共有方法

ウィンドウ共有方法

個別のウィンドウの共有方法

MEMO
ビデオ会議の仕方について、より詳しく知りたい場合は【Teams】ビデオ会議と画面共有 | 参加者招待方法や背景ぼかしも解説: 基礎編➍をご参照ください。

ステップ3:2台目のサブデバイスで会議に参加して参加者の顔をモニタリング

サブデバイスの方からも、先ほどのステップ2で開始されているビデオ会議にこのデバイスからも参加します。紫色の参加ボタンがあるはずなので、これをタップ/クリックするだけです。

MEMO
使用するアカウントはメインデバイスもサブデバイスも同じもので大丈夫です。

参加直後は、メインデバイスで共有している画面が一番大きく表示されていて、参加者の顔が小さく表示されているはずです。

モニタリング用のサブデバイスがPCの場合は、参加者の誰か一人をクリックすることで、参加者全員が画面に大きく表示されるようになります。

サブデバイスPCでモニタリング

サブデバイスがPCの時にやること

モニタリング用のサブデバイスがスマホ/タブレットの場合は、参加者の誰か一人をタップすることで、参加者全員が画面に大きく表示されるようになります。

サブデバイスタブレットorスマホでモニタリング

サブデバイスがタブレット/スマホの時にやること

MEMO
PCの場合は、一人の参加者の画面をクリックしても全員が画面に大きく表示されないことがあります。この場合は、大きく表示されていない参加者の画面を右クリックして[ピン留めする]ことで対処できます。一番確実な方法は、参加者一人一人を右クリックして[ピン留めする]ことです。人数が多いと少し面倒ですが・・・。

このやり方を検討されている人は、サブデバイスであるスマホやタブレットを固定するためのアームスタンドを紹介した記事【レビュー】寝ながらアームスタンド|テレワーク時のモニターチェックをスマホでしたい時にも◎も是非ご覧ください。

おまけ:参加者が10人以上なら2台目のサブデバイスでラージギャラリーを適用する

【Teams】大勢(10人以上)の参加者の顔を一つの画面に表示する方法:ラージギャラリーで詳しく解説していますが、Teamsでは通常参加者の顔を9人までしか同時に表示できません

10人以上の参加者の顔をモニタリングしたい場合は、参加者が映っているサブデバイスのTeamsでラージギャラリーという機能をオンにします。

ラージギャラリークリック 手順

こうすることで、仮に参加者が12人いた場合でも以下のように均等に全員一つの画面に表示されます。

10人以上も映る

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2台のデバイスを使用することで、画面共有しながらでも参加者の顔を確認することができます。

流れをもう一度確認すると、

  1. サブデバイスにTeamsをインストール(2回目以降はなし)
  2. サブデバイスでTeamsを起動させ、メインデバイスでも使用している同じアカウントでサインイン
  3. メインデバイスでTeamsを起動させ、会議を開始/に参加。自分の画面を共有する
  4. サブデバイスでも同じ会議に参加し、参加者の顔をクリック/タップして、このデバイスで参加者をモニタリングする

という感じです。

PCを2台持っていなくとも、ほぼ全ての人がスマホを持っていると思うので、それを参加者の顔をモニターするサブデバイスとして使うことで、1台目のメインデバイスで画面共有をしつつも、参加者全員の反応をリアルタイムで把握することができます。

最近のスマホは5~6インチ以上となっているので、複数の参加者の顔も結構はっきり確認できます

複数人とリモートワークをしていて、画面共有をする機会が多い人は是非お試しください。よりスムーズに共同作業ができると思います。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

▼Teams記事まとめ▼
アイキャッチ画像 MS Teamsまとめ ver3 Teamsの使い方まとめ:基礎編+応用編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です