【Teams】デュアルディスプレイで共有画面と参加者を同時表示!!

アイキャッチ画像 デュアルディスプレイで共有画面と参加者同時表示

Teamsの画面共有、正直使いにくいですよね。

画面共有中は、参加者の映像は小さくなるか、別のウィンドウに表示されてしまって、自分の共有画面と参加者の顔の両方を同時にチェックするのは困難です。

当ブログでは、以前2つのデバイスを使ってこの問題を解決する方法を解説しました。

アイキャッチ画像 画面共有しながら相手の顔を見る方法 【Teams】自分の画面共有中に複数の参加者の顔を確認する方法

今回は、この問題をさらにスマートな形で解決する方法について解説していきたいと思います。

今回ご紹介するやり方では、デバイスはパソコン1台だけですが、ディスプレイを2つ使います。

テレワークで、パソコンで作業する時間が増えたという人の中には、デュアルディスプレイを検討している方も多いのではないでしょうか?

私自身、1年以上デュアルディスプレイ環境で仕事をしていますが、画面が広がったことにより様々なウィンドウやソフトを同時に見ることができて、非常に作業がしやすいです。

デュアルディスプレイを使用すれば、Teamsでも画面共有と参加者の顔の両方を同時に別々のディスプレイに表示できるので、かなり重宝します。

step3 サブモニターへ移動

デュアルディスプレイで共有画面と参加者の画面を別々のディスプレイに表示する方法

まずは普通に画面共有を開始する

いつも通りビデオ会議で画面共有を開始します

  1. 画面共有ボタンをクリックします
  2. [ウィンドウ]を選択します
  3. 共有したいウィンドウをリストから選択します
スライドしてご覧ください
参加者が映っているウィンドウをサブディスプレイに移動させる
  1. 画面共有を開始すると、タスクバーに3つのTeamsウィンドウが並べられるので、その中の真ん中(参加者が映っているウィンドウ)をクリックします
  2. キーボードのShift+Win+→またはをShift+Win+←同時押しして、選択中のウィンドウをサブディスプレイに移動させます
スライドしてご覧ください


サブディスプレイ内の参加者ウィンドウを大きくして調整

あとはサブディスプレイに移った参加者のウィンドウを最大化させるなりして見やすく調整してください。こうすることで、メインディスプレイに自分の共有画面、サブディスプレイに参加者の顔を大きく表示することができます

step3 サブモニターへ移動

以上です

おわりに

以前紹介したデバイスを2つ使ってモニタリングする方法に比べると、かなりシンプルなやり方です。

難点を挙げるとするなら、デュアルディスプレイ化するのが少しメンドクサイってところでしょうか。

ただ最近のSurfaceシリーズやMac BookなどUSB Type C端子がついている端末の場合は

  • 追加のディスプレイ1枚
  • USB Type-C to HDMI変換ケーブル1本

2つのアイテムだけでデュアルディスプレイ環境が作れるので、かなり敷居が低くなっています。

Teamsを使用する機会が多い人は、今回のやり方を是非ご検討ください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

アイキャッチ画像 Teams使い方まとめ 修正版 【Teams】使い方まとめ アイキャッチ画像 ブレークアウトルーム 【Teams】ブレークアウトルームの使い方:グループワークやペアワークに役立つ便利機能! アイキャッチ画像 基礎編➌ 【Teams】メンバー追加方法+チーム&チャネル作成方法:基礎編➌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)