【Teams】メンバー追加方法+チーム&チャネル作成方法:基礎編➌

アイキャッチ画像 基礎編➌

前回の基礎編➋では、組織(テナント)の作成方法を紹介しました。

今回の基礎編➌では、

・作成した自分の組織(テナント)にメンバーを追加する方法
・新しいチームとチャネルを作成する方法
・作成したチームやチャネル(プライベート)に後からメンバーを追加する方法

を解説していきます。

組織(テナント)にメンバーを追加する

基礎編➊で説明したように、MS Teamsは組織にメンバーを追加しない限り、基本的に相手とコミュニケーション等を取ることはできません。

したがって、ビデオ会議やオンライン授業でMS Teamsを使用したい場合は、まずメンバーを自分の組織に追加する必要があります。

やり方は、MS Teams画面の左下にある[メンバーを招待する]をクリックして、追加したいメンバーを招待するのですが、3つのやり方があります:

  • リンクのコピー
    招待リンクをコピーでき、コピーしたリンクをメールに張り付ける等して、追加したいメンバーを招待できます。
  • 連絡先を招待
    マイクロソフトアカウント/Googleアカウントに登録されている連絡先から相手を選んで、メンバーを招待します。
  • メールで招待
    MS Teamsから直接追加したい相手にメールを送ることができます。上の2つの招待法とは異なり、MS Teams内でのメンバーの呼び名も設定することができます。個人的に一番オススメ。

新しいチームを追加する

MS Teamsは テナント>チーム>チャネル という3層構造になっています。

そしてTeamsでは組織(テナント)作成時に、自動的にテナント名と同じチームが追加されます。またチームにはデフォルトで「一般」という名前のチャネルが付属します。

ms teams 3 creating team

☝この例の階層構造
ある日本語教師のMS Teams(テナント)>ある日本語教師のMS Teams(チーム)>一般(チャネル)

このようにTeamsでは、1つのテナントを作成すると必ずチームとチャネルも1つずつセットでついてきます。

しかし組織が大きくなりメンバーの数も増えると、プロジェクトやグループの数も必然的に増加していきますよね?こうなると最初に作成されたチームが1つだけでは、当然管理が困難になってしまいます。

そんなとき、各用途に合わせてTeams内に新しいチームを追加していきます。

では、順を追って見ていきましょう。


STEP.1
チームを作成
画面左下の歯車アイコンを押して、[チームを作成]をクリックします。ms teams 4 creating team
STEP.2
チームの作成方法を選択
既にチームがある場合やOffice 365グループを所有している場合を除き、基本的には[初めからチームを作成する]を選択します。ms teams 5 creating team
STEP.3
チームの種類を選択する
チームの種類を、[プライベート][パブリック][組織全体]の三つの中から選びます。今回の例では、[プライベート]を選択しています。ms teams 6 creating team

MEMO
プライベート
プライベートのチームに追加されたメンバーのみが見ることができ、追加されていないメンバーは、仮にこのチームのリンクをもらったとしても表示することができません。

パブリック
パブリックタイプのチームは、プライベート同様、基本的にはこのチームに追加されたメンバーにしか表示されませんが、このチームに所属していないメンバーもリンクさえもらえれば出入りすることができます。

組織全体
有無を言わさず組織内メンバーが全員このチームに追加されます。ただし、この種類のチームは、一つのテナントに5つまでしか作成できません。


STEP.4
チーム名を決める
チーム名を決めます。また任意で、チームの概要を記入することもできます。ms teams 7 creating team
STEP.5
メンバーを追加する
組織内のメンバーを検索してチームに追加できます。また、組織内にいない人も、アドレスを入力することで招待することができます。ms teams 8 creating team
MEMO
ただし、STEP.3でチームの種類を[組織全体]にした場合は、この画面は表示されません。([組織全体]を選んだ段階で、全てのメンバーが自動的に追加されるため)
これで新しいチームが追加されました。ms teams 8 creating team finish
お疲れさまでした。

既に作成したチームに後からメンバーを追加する

チームには

・[プライベート]
・[パブリック]
・[組織全体]

の3種類があり、[プライベート]または[パブリック]のチームは、作成後にもメンバーが追加できます。

[組織全体]チームは、作成時に全てのメンバーがここに追加されるため、後から追加するという機能がそもそもありません。

それでは[プライベート]/[パブリック]チームにメンバーを後から追加する方法を見ていきましょう。

STEP.1
  1. メンバーを追加したいチームの[・・・]をクリック
  2. [メンバーを追加]を選択
チームにメンバーを後から追加する
50
STEP.2

追加したいメンバーのIDまたはメールアドレスを入力して、[追加]ボタンを押すと追加されます。

ms teams 8 creating team

こんだけです

新しいチャネルを追加する

MS Teamsは テナント>チーム>チャネル という3層構造になっています。

チーム内でさらに少数のグループを作成したい時や、個別の作業場を設けたいときには、最下層領域であるチャネルを追加することができます。


STEP.1
新しいチャネルを追加したいチームの[・・・]>[チャネルを追加]をクリックします。この例では、「ぷらいべーと」というチームに新しいチャネルを追加しようとしています。

ms teams 9 creating channel

STEP.2
チャネル名を入力します。

ms teams 12 creating channel

STEP.3
チャネル作成ウィンドウの上から三項目目の[プライバシー]からチャネルの種類を選びます。チャネルの種類を選択
MEMO

標準
チームに所属している全てのメンバーがこのチャネルを覗いたり、参加したりすることができる設定です。「チーム」という単位を「家」だとすると、「標準チャネル」はその家の中に作る「鍵のない部屋」みたいなイメージです。家の中にいる人間なら誰でも入ってこれちゃう的な。

プライベート
これを選択すると[次へ]ボタンが表示され、ボタンをクリックすると、IDまたはメールアドレスからこのチャネルに参加できるメンバーを自分で選び出す流れになります。このチャネルは、選ばれたメンバーにだけ表示されます。チーム内の決まったメンバーだけで集まりたい時や、関係ないメンバーが間違って入ってこないようにしたい時に使える便利な設定です。「チーム」という単位を「家」だとすると、「プライベートチャネル」はその家の中に作る「鍵のかかった部屋」みたいなイメージです。鍵を渡された人しか入れないってカンジです。



STEP.4
チャネルのプライバシー設定も済んだら、[追加]ボタンをクリックします。チャネルを追加をクリック

これで新しいチャネルがチーム内に作成されました。ms teams 11 creating channel
お疲れさまでした。

プライベートチャネルに後からメンバーを追加する

チャネルの種類には

・標準
・プライベート

の2つがあります。[プライベート]タイプのチャネルは登録された人のみに表示され、それ以外のメンバーにはこのチャネルを見ることも参加することもできません。

後から[プライベート]チャネルにメンバーを追加したい場合は、以下の手順で行います。

  1. メンバーを追加したいプライベートチャネルの[・・・]をクリック
  2. [メンバーを追加]を選択
プライベートチャネルにメンバーを後から追加する
STEP.2

以下の画面の入力欄に、追加したいメンバーのIDまたはメールアドレスを入力して[追加]ボタンを押すと、そのメンバーがプライベートチャネルに登録されます。

プライベートチャネルにメンバーを後から追加する2
こんだけです。お疲れさまでした。

まとめ

以上が基礎編➌となります。

Teamsを運用していく上で、状況に応じてチームとチャネルの追加は必ず必要となってきます。

[プライベート]、[パブリック]、[組織全体]という属性の異なる3種類のチームを使い分け、そして場合によってはその中にさらに[標準]または[プライベート]のどちらかのタイプのチャネルを用途に応じて作成することで、より効率的なTeams運用ができると思います。

Teamsの階層構造とチームおよびチャネルの種類

Teamsの階層構造とチーム・チャネルの種類

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の基礎編

アイキャッチ画像 基礎編➍ 【Teams】ビデオ会議と画面共有のやり方 | 参加者招待や背景ぼかしも解説: 基礎編➍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)