【ネタばれ注意】ジュラシック・ワールド:新たなる支配者の感想

アイキャッチ画像 ジュラシックワールド

どーもヤマジです。

皆さん、恐竜足りてますか?

「ジュラシックワールド:新たなる支配者」の日本公開日は2022年7月29日らしいですが、ここドイツでは既に6月から公開されているので早速観て参りました。

この記事は多分に今作の核心を含む内容となっているので、ネタバレされたくない人はここでブラウザバック推奨なんですが・・・・ただ、それでも読んでほしいです。私のような被害者をこれ以上、増やさないために

ジュラシックパークシリーズってさ

今(2022年現在)からおよそ30年前に公開された映画「ジュラシックパーク」の衝撃たるや凄まじく、友だちの家のVHSで観せてもらって以来、数年おきに


恐竜が見てぇ


体にされてしまいました。

¥299 (2022/06/12 23:22時点 | Amazon調べ)


ジュラシックパーク3部作が終わり、10年以上の恐竜ロスを経験したのちに突如「ジュラシックワールド」なる新作が公開された時は、狂喜乱舞したものです。

¥299 (2022/06/12 23:23時点 | Amazon調べ)


ただこの期間で現実の恐竜研究の様相は所によっては大きく変わっており、

多くの恐竜は羽毛で覆われていた可能性がある

というショッキングな新説が巷をブイブイいわせていました。なんならティラノサウルスなんか、トラウマレベルのリアル版キョロちゃんみたいな毛フッサフサやったんや的な画像まで一般人にも流れて来る始末。

ティラノサウルス 毛

http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2015/06/tyrannosaurus.jpg

しかし、我らがジュラシックパークシリーズではこのような説に屈することなく、怖けりゃえぇんや精神でシリーズ1作目とほぼ同様のビジュアルで恐竜を作成してくれています。

まぁジュラシックパークの大きすぎるヴェロキラプトル宜しく、ジュラシックワールドでクジラ並みのモササウルスが出てきたときは、さすがに攻め過ぎなんじゃ・・・?と思いましたが、あれはきっと昨今の恐竜オタクや専門家に対して



「うちらの恐竜ってこういうことなんですわ」



ていう最高にロックな決意表明だったんだと思います。今、モササウルスは恐竜じゃなくて、海棲爬虫類じゃんとかツッコみたくなったやつ手を挙げろ。野暮な野郎だな、友だちいねぇだろ?俺もだよ

私みたいな人間は、ヤベェ恐竜が出て来て暴れまわってくれればテンションぶち上るんで、こうした科学の最新情報とは一線を画す独自のアメリカンサイズを貫くジュラシックワールドの姿勢は逆に好感が持てました


定期的になんかをやたらデカくしてしまう発作を起こすジュラシックパークシリーズですが、最終作である「ジュラシックワールド:新たなる支配者」でもこの発作が起こりました。






そう、イナゴに

ジュラシックワールド:新たなる支配者=イナゴ

いやー確かにトレーラー観た時から、なんかちょっとおかしくねぇかって思ってましたよ。

制作者と観客の求めてるものの認識のズレっていうんですかね。

シリーズ最終章ということもあってか、初代ジュラシックパークで活躍したグラント博士、サトラー博士、マルコム博士の三人も登場します。

まぁいいんですけど、ジュラシックパークシリーズの魅力って人間じゃなくて、あくまで恐竜なんですよね

トレーラーでも特にグラント博士とサトラー博士のカムバックが非常に協調された構成になっており、さもファン待望の!!みたいになっていることに一抹の不安を感じておりました。

恐竜を目の前に両手をかざすネタ擦りすぎてて草 ネットミーム狙いすぎ

そして、この不安は実際に的中してしまいました。

今作を観ていて、まず感じたのは



やたら人間パートが多い


過去作のキャラクターが出て来るのは、全然いいんですけど、大して深みのない人間ドラマを見に17ユーロ払ってるんじゃねぇんだわ(3Dメガネもチケットと一緒に購入したため通常の映画よりも割高)。



恐竜見せてくれよ!!( ゚Д゚)最後なんだろ!!



まぁ落ち着こう。

ジュラシックワールドシリーズになってからは、毎回遺伝子操作されたヤベェミュータント恐竜が状況をいいカンジにかき乱してくれている。史実に存在しない恐竜を出すことにアレルギー反応を示す人もいるようだけど、ジュラシックパークシリーズにそんなこと言うのは、フレンチレストランで醤油を使おうとする海原雄山と一緒です。そもそも史実やデータをそこまで重要視している作品じゃないので個人的には全然問題ない。

¥400 (2022/06/12 23:27時点 | Amazon調べ)



恐竜でブチ上れればそれでえぇんや。


最後なんだからトビきりのヤベェやつを頼む。なんならもうT-REXにつけたっていいぜ

そんな思いを胸に見ていると、今作のトラブルメーカー、物語の中心となる巨大クリーチャーが現れました。確かに羽はありました。羽、いや翅です。




イナゴです。





超巨大なイナゴの大群です。




はぁ?( ゚Д゚)





今作ではこの巨大イナゴの問題を解決するために(+さらわれた娘を助け出すため)奔走するストーリーとなっておるんですわ。トレーラーには1ミクロも出てこなかったイナゴ。佃煮にするとうまいとされるイナゴ。



まさかのイナゴがメインディッシュで恐竜がおかずという構図です。



どっかのB級モンスター映画なのかよ・・・頼むから恐竜見せて・・・と思ってたら、無慈悲にも延々と続く人間オンリーのパート。


その後、満を持してジュラシックパークシリーズの信念を曲げて作成された割かし最近のデータに近い羽毛がゴリゴリに生えたラプトルが出てきた(寒中水泳ガチ勢)のはそこそこ良かったものの、結局大した根性なくて、一回獲物逃がしたくらいでもう追っかけてこないし・・・。


つーか昔みたいによぉ





ジャンクフード食いまくってブクブクに太ったデブを蹂躙する恐竜見せてくれよぉ!!




物語の終盤では、研究所で管理できなくなった大量の巨大イナゴを焼却するシーンがあるんですが、イナゴ達は火が付いた状態でも謎の生命力を発揮し、燃えた状態で大群となって研究所から飛び出し周囲に大災害をもたらします。

確かに映像のインパクトはすごい。2022年のVFXの本気を見た気がしますが・・・




・・・せめて恐竜燃やせよ!!




今までワールドシリーズで散々ヤベェミュータント恐竜出してきたんだから、火耐性付きのモンスター恐竜みたいなので良かったやん。

なんで、シリーズ最終作のメインがイナゴなんよ・・・・。




ロゴはもうこれに差し替えろ

ジュラっシックバッタワールド

レイトショーで観たんで、家に帰ってきたの夜中の2時過ぎだったけど、ショック過ぎて、自分みたいな恐竜を楽しみにして裏切られる被害者を少しでも減らしたくて、帰ってからソッコーで作ったわ。ネタバレ覚悟で拡散してくれや。



今作に至っては、ネタバレはそこまで罪ではないように思える。むしろネタバレによって、心の準備ができて救われる人が大勢いると思うよ。あのイナゴの数並みにね。

サブタイトル「新たなる支配者」とはよーいったもんですわ。タイトルに携わったであろう広報の人もさすがにまずいと思ったんでしょうね。ただ、さすがに「イナゴ」って単語は出せないから、なんとか別の言葉で注意喚起しようと思ったんかな。イナゴって汲み取るのにIQいくつ必要なのよ、それ

まとめますと

まぁ、ワーワー書き散らしましたが、今作でイマイチだと思った点は

  1. イナゴが目立ちすぎ
  2. 恐竜の絶望的な怖さがない

の2点です。

イナゴ問題
まず当然ですが、イナゴメインストーリーに絡みすぎ問題はマジで萎えました。ジュラシックシリーズって普通の人間だったら「パニック恐竜映画」って認識だと思うんですよ。

別のクリーチャーが暴れまわるんだったら、他のB級映画にやらせとけばいいのに、なんでガッツリ物語の主軸にイナゴ置いちゃったのよ。イナゴのインパクト強すぎて、せっかく出した強キャラのギガノトサウルスとかメッチャ影薄くなってんの残念すぎる・・・。

恐竜が怖くなくなった件
ワールドで回を増すごとに恐竜の怖さがなくなってきてると思うんです。原因としては、

  • オーウェンが強すぎる
  • ラプトルとある程度信頼関係を築けている

ことが挙げられると思います。

クリス・プラット演じるイケメンのオーウェンが強すぎて、ハラハラ感が全くありません・・・パニック映画であるはずなのに安心感ありすぎて、悪い意味で「落ち着いて観られる」のです。

オーウェンが恐竜と遭遇して窮地に陥っても「あーどうせなんとかなるんでしょ」ってなっちまうんですよね。実際なんとかなるし。

ジュラシックパークでは、メインの大人キャラは大体が学者でした。頭はいいけど、身体的には一般人ですから、まともにやりあっては恐竜にワンパンでやられてしまう人たちだったので、観客が感情移入できたと思うんですよ。

一方、ジュラシックワールドのオーウェンは、海軍上がりのゴリゴリの体育会系で、頭もキレて優秀過ぎるんです。ラプトルですら、手懐けてますからね。オーウェンを見ていて、不安に思うことが全くありません。頼りになりすぎるんです

また、オーウェンがある程度ラプトルと心を通わせているのも、設定としては面白いものの、パニック映画としては避けた方がいいものだったのかもしれません。

初代ジュラシックパークではラプトルのイメージは、狡猾・残酷・無慈悲みたいな感じで恐怖の象徴みたいなものでした。また、人間って話の通じない相手、コミュニケーションが全く測れないものには大きな恐れを抱くと思うんですよ。本能的に。

オーウェンの存在、そしてオーウェンがやってのけてしまった恐竜との絆の構築(それも過去作では最も恐ろしかった敵)がパニック映画としてのアイデンティティを根本的に奪ってしまったように思えます。

総評

ジュラシックワールド:新たなる支配者
イナゴ成分
 (5)
人間成分
 (4)
恐竜成分
 (2)
ヘンリー・ウー博士の髪の長さ
 (5)

という感じなので、イナゴとロン毛のアジア人が見たいって人には非常におススメな映画となっております!!



日本語版の煽り文句「シリーズの壮大なる終幕」はまさかの昆虫によって降ろされることになりました。ありがとうございました。

「ジュラシックパーク」見ましょう\(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)