GameSir T4 Mini | ペアリング、電源ON/OFF、振動強弱、LEDライト色の設定方法

アイキャッチ画像 GameSir T4 Mini マニュアル

どーもヤマジです。

以前GameSir T4 Proのマニュアル記事を作成したので、その後継機に当たるGameSir T4 Miniのマニュアルも作成することにしました。

少しでも多くの人の役に立てれば幸いです。

アイキャッチ画像 GameSir T4 mini レビュー 【レビュー】GameSir T4 Mini | T4 Proとの違いは?【小型コントローラー】

各デバイスとのペアリング方法

Nintendo Switchとのペアリング方法

Nintendo Switchのホーム画面から[コントローラー]を選択
switch コントローラー1
[持ち方/順番を変える]を選択
switch コントローラー2
switch コントローラー3
ペアリングボタンを押す
bluetooth経由でSwitchやPCに接続
次回以降は、HOMEボタンを押すだけで接続されます
MEMO

一度Switchとペアリングを済ませれば、次回以降はT4 Miniのホームボタンを押すと、Switchも連動してスリープが解除され、自動的に接続されるようになります。Switchの電源を自分で押しにいかなくていいんです。これがやってみると、メチャクチャ便利で全米の俺が泣いた。

PCとのペアリング方法

PCで[Bluetoothデバイスの追加]を立ち上げる
[Windowsキー]と[ i ]を同時押して、[設定]を開く。メニューから[Bluetoothとデバイス]を選択し、[デバイスを追加]→[Bluetooth]をクリック

デバイスを追加
ペアリングボタンを押す
bluetooth経由でSwitchやPCに接続
[デバイスを追加する]リストから[Pro Controller]を選択し接続
PCとペアリング
次回以降は、HOMEボタンを押すだけで接続されます

Androidデバイスとのペアリング方法

HomeボタンとXを同時押し(2秒)
bluetooth経由でAndroid端末に接続
Androidデバイス側から接続

AndroidデバイスのBluetooth機能をONにして、接続リストから「GameSir-T4 Mini」を探してペアリングします。

次回以降は、HOMEボタンを押すだけで接続されます

iOSデバイスとのペアリング方法

HomeボタンとBを同時押し(2秒)
bluetooth経由でiOS端末に接続
iOSデバイス側から接続
  1. iPhone/iPad内の[設定]をタップ
  2. [設定]内の[Bluetooth]をタップし、Bluetooth機能をONにする
  3. [その他のデバイス]から「Xbox Wireless Controller」を探し、タップしてペアリングする
次回以降は、HOMEボタンを押すだけで接続されます

電源ON/OFF

電源ON
Homeボタンを一回カチッと押すだけです。そこまで長押しじゃなくてもOK

電源OFF
Homeボタンを3秒長押しで電源OFFになります。

LEDバックライトの色/演出変更方法

LEDバックライトの色変更(常時点灯モード)

コントローラー中央にあるTurboキーを押しながら、Lスティックを一度カチッと押します。

バックライト色 常時点灯 変更
MEMO

Lスティックを一回ずつ押すごとに

青→赤→緑→黄色→水色→オレンジ→紫→ピンク→虹色

に変わっていきます。

LEDバックライトの色変更(呼吸点灯モード/消灯)

コントローラー中央にあるTurboキーを押しながら、Lスティックをカチッカチッと2回押します。

バックライト色 呼吸灯 消灯 変更
MEMO

Lスティックをカチッカチッと2回ずつ押すごとに

現在の色の呼吸灯→虹色の呼吸灯→消灯

に変わっていきます。

ちなみに呼吸灯とは、息をしているかのようにジワジワ明るくなったり、暗くなったりする演出機能です。

振動強度変更

Turboキーを押しっぱなしにした状態で、十字キーの上下を押すと振動(バイブレーション)の強弱を変更できます。

振動強度変更

Turbo機能(連射機能)の設定

Turboキーを押しっぱなしにした状態で、連射させたいボタンを押します。

連射モード1
設定したボタンを押し続けているときだけ、連射が有効になるモード

連射モード2
設定したボタンを押していないときだけ、連射が有効になるモード

Turbo連射機能

Turboキーを5秒押しっぱなしにすると、設定された全ての連射ボタンが解除されます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)